司馬遼太郎記念館

イベント

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

これからのイベント

記念館では1年を通して様々なイベントを行っています。
記念館友の会の会員の方はイベントに会員価格でご参加いただけます。
>これまでのイベント

菜の花忌シンポジウム

第25回菜の花忌シンポジウム

申し込み受け付けは終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。
第25回菜の花忌シンポジウムは2022年2月12日(土)、東京・有楽町よみうりホールで、「『胡蝶の夢』――新型コロナ禍を考える」のタイトルで開きます。

【日時】2022年2月12日(土)14時から17時

【場所】有楽町よみうりホール(東京都千代田区)

【プログラム】
 第1部 第25回司馬遼太郎賞贈賞式
 受賞スピーチ:石川禎浩氏(京都大学人文科学研究所教授)
 第24回司馬遼太郎賞 受賞スピーチ:佐藤賢一氏(作家)

 第2部 シンポジウム「『胡蝶の夢』――新型コロナ禍を考える」
 パネリスト
  磯田道史氏(国際日本文化研究センター教授)
  澤芳樹氏(大阪大学名誉教授、医学系研究科特任教授、大阪警察病院院長)
  澤田瞳子氏(作家)
  村上もとか氏(漫画家)
  司会は古屋和雄氏(文化外国語専門学校校長、元NHKアナウンサー)

【参加費】1000円(当日会場で)

【定員】新型コロナウイルス感染症拡大防止対策で定員の制限、あるいは無観客になる可能性もあります。ご了承ください。

【申し込み方法】申し込み受け付けは終了しました。
往復はがき(1名で1枚)に、住所、氏名、電話番号をご記入のうえ、事務局までお送りください。
友の会サポート会員の場合、1名確実に参加できますが、申し込みが必要です。
往復はがきの書き方
※電話番号は必ずお書きください。

【締め切り】1月10日(月)、消印有効。参加証(指定席)の発送はその後になります。

【お願い】コロナ禍の影響で今年も変則の開催になります。このため、確実にご参加いただける方のみのお申込みをお願いします。申し込み後にご都合が悪くなり、キャンセルをされる場合は必ず事務局までご連絡ください。

トーク

菜の花忌 館長トーク

菜の花忌にあわせた館長トークを2月19日(土)に開きます。
例年、司馬遼太郎の命日である「菜の花忌」の2月12日にひらきますが、今年は、東京で開く「菜の花忌シンポジウム」と重なったため、開催日を変更しました。
当日は、「菜の花忌シンポジウム」に参加しての印象や司馬遼太郎に関するさまざまなことについて語ることにしています。

2月12日(土)の「菜の花忌」にご来館の方全員に、菜の花をプレゼントします。

【日時】2月19日(土)14時から ※日時にご注意ください。
【場所】記念館ホール
【参加費】無料(入館料は必要)
【申込】必要
【申込方法】 電話、FAXで事務局まで。TEL:06-6726-3860 FAX:06-6726-3856

寄席

菜の花寄席

毎年恒例の菜の花寄席を今年も開きます。毎回テーマを決めてひらく菜の花寄席、今回は「落語・講談・浪曲で聴き比べ!~名人って、いったいナンダ!?」がテーマです。「名人の資質」とはどんなものなのか、を3つのジャンルで聞き比べをするという楽しい企画です。
出演は桂春蝶さん、講談師の旭堂南龍さん、浪曲師の京山幸太さん、曲師の一風亭初月さんです。菜の花に囲まれて、楽しいひとときをお過ごしください。

【出演者・演目】
 落語 桂春蝶 「浜野矩随(はまののりゆき)」〜名工とはナンダ!?」
 講談 旭堂南龍「中村歌右衛門」〜名優とはナンダ!?」
 浪曲 京山幸太「六代目横綱阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ)」〜名選手とはナンダ!?」
 曲師 一風亭初月

【日時】3月6日(日)午後2時から
【参加費】2,500円(一般)2,250円(友の会会員)※いずれも入館料を含みます。
【申込】 必要
【申込方法】 電話、FAX(住所、氏名、電話番号、友の会会員の方は会員番号を明記)で事務局まで。
TEL:06-6726-3860 FAX:06-6726-3856

講演会

2022年前期連続講演会

各分野の方々が、司馬遼太郎のことからさまざまな話題を展開、縦横に語ります。
まるで対話しているような、小さなホールならではのぜいたくな講演会にぜひご参加ください。

【前期の講演会日程】
4月9日(土) 桂 南光氏(噺家)
演題:「噺家のよもやま話」
5月21日(土) 川田未穂氏(「オール讀物」編集長)
演題:「令和の作家が受け継ぐ司馬遼太郎の遺伝子」
6月18日(土)  千田嘉博氏(奈良大学教授)
演題:未定

いずれも午後2時から

【場 所】記念館ホール

【参加費】一般=7500円、友の会会員=6750円
(いずれも入館料を含みます。単独の聴講券はありません)

【申込】必要

【申し込み方法】
電話またはFAX(住所、氏名、電話番号、友の会会員の方は会員番号を明記)で事務局まで

【お問い合わせ】
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11-18
TEL:06-6726-3860  FAX:06-6726-3856

【お願い】会場は密を避け、消毒、換気などコロナ対策を取ります。お客様もマスク着用、手指消毒などご協力をお願いします。