司馬遼太郎記念館

企画展

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

次回企画展「司馬遼太郎と城」



今回の企画展では司馬作品に描かれた「城」をテーマにしました。
巨大建築として、歴史の悲哀を重ねて、あるいは戦の中でいかに難攻不落であったか……。城好きの人は多く、さまざまな観点から城を楽しんでおられ、今そのブームと言われます。
展示では司馬遼太郎が作品の中で城をどうとらえたか、その城がどういう役割を果たしたのか、というようなことを考えながらつくりあげました。

展示スペースの壁面には『城塞』と大坂城、『国盗り物語』と岐阜城、『王城の護衛者』と会津若松城、『播磨灘物語』と姫路城……など、「城」を写真と引用文で浮かび上がらせ、作品の世界を表現。床面でも「城」をテーマに自筆原稿、初出誌、歴史資料、挿し絵などを展示します。

【開催期間】  2020年6月2日(火)~9月13日(日)
【場  所】  司馬遼太郎記念館
【休 館 日】  毎週月曜日(祝日、振替休の場合はその翌日)、特別資料整理期間(8月31日~9月10日)

【主な展示資料】
自筆原稿
・『城塞』第43回「大坂入城」、第63回「真田丸」 いずれも初公開 
・『城をとる話』第95回「猫(十一)」
自筆装画
「蘇州城内運河の石塔を望む」(『韃靼疾風録』)
装幀画
「大坂城」「大坂城の図」(『城塞』三井永一画)
司馬遼太郎写真 
・大阪城で (提供:新潮社 1971年撮影)
・ザヴィエル城で(提供:朝日新聞出版)(『街道をゆく 南蛮のみち』)
・安土城趾で(提供:朝日新聞出版) (『街道をゆく 近江散歩』)
歴史資料 
・大阪旧城之図並豊臣徳川両軍対陣概況(天明年間の絵図を大正年間に復刻)

など

これまでの企画展開く